当ホテルならアニメ『金色のガッシュベル!!』が無料で観れます!

果たして、魔物の子と人間の間に友情は生まれるのだろうか…?

2000年代初期にマンガ雑誌『週刊少年サンデー』で連載が始まり、大ヒットの末にアニメ化したアニメ『金色のガッシュベル!!』は、アニメ作品の中でも珍しい全150話の構成となりました。

作品の内容が面白いというだけでなく、挿入歌やキャラクターソングも話題を呼んだアニメ作品です。

何気ない日常を過ごす中学生たちが、ひょんなことから現れた魔物の子達と織りなす手に汗握る友情活劇は、現在でも多くのファンの支持を得ています。

今回は、アニメ『金色のガッシュベル!!』について、あらすじや主要登場人物たちをネタバレ込みで紹介します。

アニメ『金色のガッシュベル!!』とは?

アニメ『金色のガッシュベル!!』は、2001年に週刊誌『週刊少年サンデー』で連載された、雷句誠先生のマンガ『金色のガッシュ』作品をアニメ化したものです。

アニメ化された期間は、2003年4月から2006年3月の期間で、話数はアニメ作品全体でも珍しい、全150話にも及びます。

アニメ『金色のガッシュベル!!』は、人間と魔物の子という異種間における熱い友情、成長物語です。これが多くのファンを涙させ、現在でも「泣けるアニメ」として今でも名前が上がるほどなのです。

ネタバレ注意!アニメ金色のガッシュベル!!あらすじ

舞台は日本・モチノキ町。

主人公の高嶺清麿(たかみねきよまろ)は、中学二年生ながらマサチューセッツ工科大学の英論文を理解するほどの超天才頭脳を持っています。

その天才的頭脳が故にクラスになじむことができないだけでなく、同級生や周囲の人から疎まれ、いじめにあって不登校となっていました。

ある日の夜、赤い本を持つ金髪の全裸の少年が清麿の部屋に乱入!彼は自分のことを”ガッシュ=ベル”と名乗るものの、過去の記憶がなく、自分が何者かがわかりません。

清麿の父に救われ、恩返しをしたいというガッシュは、清麿一家と生活を共にすることになります。

ガッシュの登場で最初は戸惑う清麿ですが、ガッシュがやってきたことで生活が一変!不登校だった学校にも通えるようになるのです。

数日が立ったある日、清麿とガッシュの前に、自分たちと同じような人間と目の下に船が入った子どもが現れます。彼らは突如、清麿とガッシュに襲い掛かります。

そこで清麿は、ガッシュが魔物の子であること、魔界の王になるために似たような子どもの姿をした魔物が地球に現れて戦いを繰り広げていることを知るのです。

激しい戦いの最中、戦いを強制された魔物の子コルルとの出会いをきっかけに、ガッシュは「優しい王様」になることを決意。魔物の子たちとの王座争いに身を投じていくのです。

途中、ガッシュ達は、同じように”優しい王様”を志す恵&ティオ、フォルゴレ&キャンチョメなどといった最高の仲間たちと出会いながら、襲い掛かる数々の敵や、シェリー&ブラゴという最強のライバルと戦い、たくましく成長を遂げていくのです。

ネタバレ注意!ガッシュたちが戦う理由:魔物の戦いとは?

清麿とガッシュが身を投じる”魔物の戦い”とは、一体どんな戦いなのでしょうか。

魔物の戦いは、魔界の王を決める1,000年に一度行われる戦いで、いわゆる魔物の子たちの生き残りをかけたバトルロワイアルです。

魔界を治める権力者によって選ばれた100人の魔物の子ども達が、魔物の本とセットで人間界に送り込まれます。

人間界へ送り込まれた子どもたちは、本に書かれている呪文を読むことができる人間とコンビを組み、最後の1人が生き残るまで戦いを繰り広げていきます。

しかし、少年マンガらしく魔物の子たちの殺し合いというわけではなく、一緒に送り込まれた”魔物の本”が焼き尽くされた時点で失格となり、王位をはく奪され、魔界へ強制送還されるといった仕組みです。

魔物の戦いは棄権できない!

魔物の戦いを、魔物の子が自ら棄権することはできません。

魔物の子は、自分で本を燃やすことができず、戦いを棄権することができないのです。

この様子は、アニメ『金色のガッシュベル!!』の第8話『やさしい魔物コルル』で詳しく描かれていますので、視聴の際の参考にしてみてください。

また、魔物の子が死ぬという描写は作中一切登場しないので、魔物が死んでしまうとどうなるかは不明です。

ネタバレ注意!魔物の子を強くする”魔法の本”とは?

魔物の子と一緒にに限界に送り込まれるのが、ひとりひとり手にしている魔物の本です。魔物の本がパートナーとなる人間へ近づくと光を発し、パートナーを見つけることができます。

本の中には、魔物の子の力を増幅させる呪文が書いてあり、パートナーとなる人間にしか読むことができません。

魔物の本は、まさに魔物の子と一心同体。本が燃やされると、魔界へ強制送還されてしまうのです。
また、一度本が燃えてしまうと、水をかけてもその炎を消すことはできません。

また、魔法の本があることで、他の魔物&人間のコンビに出会いやすくなるだけでなく、魔物の子が30人経るごとに文字の色が変化し、残った魔物の子の数を教えてくれる機能も持っています。

アニメ『金色のガッシュベル!!』押さえておきたい主要登場人物紹介

アニメ『金色のガッシュベル!!』では、どんな人物たちが登場するのでしょうか。

ここでは、アニメ『金色のガッシュベル!!』に登場する主要登場人物を紹介します。

ガッシュ・ベル
(CV.大谷育江(第140話まで)→吉田小南美(第141話以降)

本作の魔物の子サイドの主人公で、好奇心旺盛で純粋無垢ですが、情に厚く正義感は人一倍強いのが特徴です。

そのため、清麿をはじめガッシュに救われた人たちは人間や魔物たちと数知れず。

何者かに過去の記憶を奪われ、イギリスの森の中で倒れていたところを清麿の父に救われます。

「うぬ!」などというような貴族言葉を使い、得意なのは電撃系の攻撃技です。

高嶺清麿
(CV.櫻井孝宏)

ガッシュのパートナーで、人間サイドの主人公です。

中学二年生ながらIQ180もある超天才少年。超天才が故に、周囲からいじめを受け、不登校になります。

本当は明るい性格ですが、いじめを受けてからは引きこもりも相まって性格が暗く無気力になっています。

そんな清麿を救ったのがガッシュでした。

自分を救ってくれたガッシュに恩返しをするために、魔物の子の戦いに共に身を投じていきます。

ティオ
(CV.釘宮理恵)

魔物の子サイドのヒロイン的存在のティオは、防御や回復技を得意とする魔物の子です。
心優しい一面を持ちつつも、ツンデレ気質があるおてんばな女の子です。

魔物の子からは「首絞めティオ」と呼ばれており、怒ると誰彼構わず首を絞めてしまう。

ガッシュたちと出会った当初は、心を閉ざしてしまっていたものの、ガッシュの底抜けの明るさに救われ、良き友人として清麿の家に遊びに来るようになります。

大海恵
(CV.前田愛)

ティオの本の持ち主で、人間サイドのヒロイン。

職業は高校生アイドルという高嶺の花であるにもかかわらず、高校生とは思えない落ち着きを持った常識ある女性です。

溺れていたティオを海に飛び込んで助けたことが出会いのきっかけ。

また、清麿にささやかな好意を抱いていますので、アニメでのふたりの関係性にも注目です。

キャンチョメ
(CV.菊池正美)

アヒルのような口とお菓子が大好きな特徴の魔物の子で、清麿&ガッシュ達と行動を共にする魔物の子です。

魔界ではいじめられっ子だったものの、同じくいじめられっ子だったガッシュなら倒せると思い、パートナーのフォルゴレと一緒に来日するも、逆にガッシュに感化されて自分も強く成ろうと決意する、本当は芯の強い子です。

身体の大きさを変える魔法や、姿を変化する魔法を駆使し、敵を錯乱させます。

パルコ・フォルゴレ
(CV.高橋広樹)

キャンチョメのパートナーで、イタリアの世界的映画スター。女性が大好きなナルシストで、女性ファンをはじめとする女性のことを「プリンちゃん」と呼んでいます。

お調子者の典型的イタリア人と思われがちですが、実は冷静沈着で心優しくタフな人物です。

戦いを好むタイプではないものの、パートナーのキャンチョメが馬鹿にされたり、自分の中で許せないことがあると怒りをあらわにし、どんな強敵へも立ち向かう常の熱い人間です。

ブラゴ
(CV.小嶋一成)

清麿&ガッシュの最大のライバルであり、魔物の子の中でも最強に位置付けられています。

重力を操る魔法を得意としていて、目標達成のためなら手段を問わない冷酷な人物として、魔物の子からも恐れられている存在です。

シェリー・ベルモンド
(CV.折笠富美子)

ブラゴのパートナーで、フランスの名門貴族の令嬢。

令嬢が故に、幼い頃からの厳しい英才教育に嫌気がさし、自殺を考えた時に助けてくれた恩人ココを救うために魔物の子の戦いに身を投じます。

気が強く、信念を一切曲げない強い精神を持っているものの、やはりまだ子供らしさが残ります。

ウマゴン
(CV.こおろぎさとみ)

仔馬の姿をした魔物の子で、「メルメルメ~」しか話すことができない。馬の姿と言葉がしゃべれない赤ちゃんということもあり、ガッシュたちからは”ウマゴン”と名付けられてしまいます。

ウマゴンのパートナーはなかなか見つからず、しばらくはガッシュのお友達として清麿の家に居候をする形となります。

カフカ・サンビーム
(CV.郷田ほづみ)

ウマゴンのパートナーで、イギリス系ドイツ人のサンビームは、物語の中盤に登場する人物です。

会社の研修で来日したことで、ウマゴンと無事に対面するに至ります。ウマゴンの言葉も”ある程度”は把握できる、悟りの境地を開いた人物です。

魔物の子と人間の間に絆は生まれるのか?答えはアニメ『金色のガッシュベル!!』に有り!

今回は、アニメ『金色のガッシュベル!!』のあらすじをネタバレ含めて解説しました。

アニメ『金色のガッシュベル!!』では、魔物の子と人間の絆が非常に重要となってきます。
本の呪文を読み解くためには、パートナーと心が通わないといけません。

それだけでなく、魔法のパワーアップも、お互いの心の絆が強くならないと出来ないようになっているのです。

心の絆を無理やり作ろうと、魔物の子の中には人間を洗脳して呪文を強くする者まで現れます。

果たして、種族を超えた真の絆を見ることができるのでしょうか?答えはアニメ『金色のガッシュベル!!』の中に隠されています。

平成最高のアニメとも言われた『金色のガッシュベル!!』に最後まで目が離せません!